スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
自分は器が小さいので
- 2013/04/07(Sun) -
TOXのジュード編クリアしたので次はミラ編。

ゲーム批判はしてないつもりですが、キャラ批判はしてるので注意!
多少のネタバレも注意!
つか、改めて思うが、しょっぱなからミラの行動が、「ないわ~」って感じです(笑)。周囲にはあまりいてほしくないタイプなんですよね~。

なんというか、いろいろ周囲の人間を巻き込んでいるくせに、その原因を周囲の人間にしちゃうような感じ・・・。いや、ホイホイついてったジュードが悪いという理論もわかりますがね。 なんというか・・・泥棒よりも、家の戸を開けていた家主の方が悪い、って話のイメージです。すみません、わけがわかりませんねww
いや、イル・ファンの海停で一人さっさと逃げるミラに「え?」ってなっただけです。
そりゃー大精霊の主さまにとってはジュードはその他大勢のウチのひとりだし、ちゃんと礼も言ってましたよ?でも、あの状況で置いてけぼりにするのはどう見ても・・・
アマゾンのレビューでミラがちっとばかり叩かれてたのは、こういうことか、って感じでした。
多分、ミラが男なら全然叩かれなかったんだろうなぁ・・・とも思います。皆、多少なりとも女性には癒しを求めるものですからね。。。。
まぁ、最初のそういう経緯があって、序盤ではあんまミラ好きになれませんでした。後半で少しずつデレが出てきたので緩和されましたがね。
目的のためならなんだってするってところは嫌いじゃないですが、あまりにも周囲を顧みなすぎて初めの方はちょっとゲンナリしてたんですよね。
ミラが主人公目線なら、また違った感想がもてるんだろうか・・・。

かといってジュードも凄い気に入った主人公というわけでもなく。あ、でもバトルは楽しかったです。集中回避で敵の背後をとるのが爽快でした。
最初のうちはたしかに、周囲に流されるままなところが、ミラと対象的でそれもまたイラッとしましたが、サブイベント等で、料理ができたりいろいろ器用な子だとわかり好感度はUPしましたとも。

アルヴィンさんは・・・まぁ・・・杉田智和って感じでしたね。
早いとこ、失ったものはもう帰ってこないんだぜ、っていうことに気づいていればよかったのにな。
ブラックラグーンのミランダ編を思い出します。
子供のときにムリヤリ、大人になることを強要されたせいで逆に大人になりきれてないってことですかね。
私だったら許せませんでしたがねwwwww
だいたい、エレンピオスにあれだけ帰りたがってたくせに、帰った途端「こんなクソみたいなところだったのかよ」的な発言(←そこまで言ってない)は、いかがなもんかと思ったよホントに・・・。


レイア、ローウェン、エリーゼは最初から最後までお気に入りでした。
特にローウェンはかっこよすぎた。最近自分枯れ専なんじゃないかと思うくらいですwwwww
レイアの健気なところとか良かった。ぷーたろになるのは関心せんがな・・・

で、ここで再びアルヴィンさんの話にもなるのですが。エリーゼが可愛杉田。いや、かわいすぎた。
あんましカップリングマンセーな人間ではないですが、歳の差CPによわいので、アルヴィンとエリーゼの組み合わせにニヤニヤニヤニヤ。
エリーゼの存在がなければ、ひたすらアルヴィンは嫌いになってたかもしれません。が、エリーゼとの組み合わせではなかなかにツボでした。

・・・とまぁいろいろ批判しましたけど、総合的には面白かったです。
ワールドマップが無い上に飛空艇の存在もないので、ちょっとそこが不満といえば不満かな・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | プレイ感想 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<うああああああああ! | メイン | コスプレされる側の気持ち>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amantesamentes.blog57.fc2.com/tb.php/606-fb320c70
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。