スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
久々に更新したと思ったら・・・
- 2013/02/02(Sat) -
寒いとPCに向かう気力すら無くなってしまうダメな子ですサーセン(*ノω・*)テヘ

皆様はトリニティ・ブラッドというライトノベルをご存知でしょうか。
かく言う私は、確か高校生くらいの時に初めてトリニティ・ブラッドを知って、図書館で借りていた記憶があります。
きっかけは、その華麗な表紙です。
「THORES柴本」というイラストレーターさんが描かれている絵なのですが、なんともバロック~な雰囲気で、みごとにその絵とノベルの世界観に引きこまれました。ご存知のかたもおられるかもしれませんが、一言で言うなら・・・そうですね・・・「吸血鬼+カソリック+遠未来SF」でしょうか。

でも、私が大学生くらいの時にトリニティ・ブラッドの作者が亡くなられたということで、「ああ、もうこの物語の続きは読めないんだ」と涙ぐんだ記憶があります。

それから○年経って。
たまたま寄った本屋の小説コーナーで平積みされてた本に、見覚えのある絵柄が。
「?!」
思わず手にとったその本は「バチカン奇跡調査官」。
表紙に描かれたのは神父の姿が。
まさかとは思いましたが、作者の名を見ると別人でした。しかし、イラストレーターは柴本氏でした。
その日は持ち合わせがなかったので、「後日図書館で借りてみよう」とし、そのまま帰りました。

行きつけの市立図書館へ足を向けると、なぜか「2巻」からしかありませんでした。
疑問に思いながら、思い切ってカウンターにたずねてみると「ホントですね・・・行方不明ですね」オイオイ。
しかたないので、勧めに従ってリクエスト用紙にカキカキ。その日は帰りました。

そして一週間後、リクエストしていた本が届いたということで、ウキウキとして図書館へ足を向け、本を借り、そのまま家に帰って本を読みました。
ええ、それはもう貪るように。
それば同時に、私と睡眠不足との戦いの日々の幕開けでした・・・。
あんまり本を読むのが早くない自分ですが、その日のうちに一気に読み終えてしまいました。次の日は仕事があるというのに気づけば2時過ぎでした。

その次の日は図書館が休みだったのですが、さらにその次の日、仕事を猛スピードで終わらせ、図書館の閉館時間に間に合うように仕事場から駐車場へ全速力で走り、車に乗り込みました。
閉館寸前の図書館からは人がわらわらと出てきているところ。人の流れに逆らうように図書館の中へ。
そして気づけば2巻を借りている、という状態でした。
2巻もその日のうちに読んじゃいました。
また寝不足です。
そして次の日の就業時間後は、本屋をめぐる旅になりました。
2巻以降が図書館に置いていないということと、これだけハマった活字本は久しぶりだ、ということと、昔よりは経済力が備わっているということで、大人買いしました。
タネあかしまでがすごく面白い。

多分この作者は女だろうなー・・・と思いつつ。(登場人物の構成からして少しBL臭がするが、キ/リ/ス/ト教をベースにした世界だから仕方がないね。同性愛は閉鎖的で禁欲的な世界にはつきものです。)
今の私の頭は、どこに行ったら最新刊が手に入るだろうか?ということでいっぱいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<なぜ絵を描くと言われたら | メイン | あけましておめでとうございます。>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/05 21:56  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
>nさんへ
お返事遅くなり申して誠に申し訳なく候ー!
トリブラのキャラ衣装の豪華さは半端ないっすよね!!!あのバロック感がたまりません。見てるだけでハァハァしますわ・・・!w
私が装飾たっぷり好きなのは、吉田デザインリスペクトしているあたりからも明らかですね!++

ブログの件、了解です!(`・ω・´)ゞ
URL変更しなくても飛べる・・・!なんていう心遣い!気持ち悪いどころか拝むレベルですよ!(゚∀゚)=3ムッハー
コメ&連絡ありがとうございましたー!
2013/02/26 20:53  | URL | キュベーレ #6grKWmlE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amantesamentes.blog57.fc2.com/tb.php/597-c12f2935
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。